家

実はおトクな再建築不可物件!その理由を探る

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社や物件の選び方

住宅

さいたま市で不動産を購入しようと考えている方は、まず自分の目的を明確にすることが大切です。投資を目的にしているのか、住まいを探しているのかによって向いている不動産会社が変わってきます。不動産会社を探す時には企業のホームページなどを確認しましょう。

詳細へ

不動産を売却する時

ウーマン

不動産買取を行っている会社は全国的にも多く存在し、福岡県を対象としている会社もたくさんあります。買取を依頼することで、自分で売る相手を探さなくても良いので多くの人が利用しているサービスです。複数の会社に見積を出してもらうことも可能です。

詳細へ

困った時に役立つ

男の人

様々な理由から住宅を手放さないといけない状況になった場合は、任意売却が役立ちます。任意売却は自分の意思で売却することも可能であり、高額で売却することもできるのです。まずは、大阪にある不動産会社に相談してみましょう。

詳細へ

新築が不可能な物件

シニア男性

特定の買主には魅力な物件

家を購入しようとして不動産情報を見ている時に、価格はかなり安いのですが、備考欄に再建築不可と書かれている物件を見ることがあります。再建築不可とは、新たに家を建てることができない物件のことで、もし家が古くなっても新築する許可が下りないのです。不動産会社はこのような物件を敬遠するのですが、中には再建築不可の物件を探している個人買主がいます。再建築不可物件は新築できませんが、リフォームすることは可能になっており、安く買ってリフォームを考えている買主には魅力的な物件なのです。しかも、家の主要構造部分さえ残せば、かなり大掛かりなリフォームができるので、新築に近い出来上がりにすることも可能なのです。このようなことから、ある特定の個人買主にとって、格安の再建築不可物件はお宝物件になり得るのです。

建築基準法と活用

再建築不可物件は、建築基準法が改正される前に建てられたものが多く、現在の建築基準法では新たに家を新築することはできなくなっています。再建築不可に該当するものは、家と接している道路までの距離が2メートル以上離れているか、接している道路の幅が規定に満たない物件のことを指します。これは、家を新築する時の工事が、周囲の環境に影響を与えないように定められた基準なのです。このような物件を扱っている不動産会社は少ないのですが、東京のように土地価格が高い場所なら、ある程度の需要はあるようです。また、再建築不可でも賃貸物件であれば、リノベーションやリフォームすることで、人気の物件になる可能性もあります。一見すると買い手が付きそうもない再建築不可物件でも、上手く利用することでその価値を高めることが可能なのです。